HOME>注目記事>使われている目的と良いものを作る注意点は何か

活用するメリットは何か

PCのイラスト

採用動画を活用するメリットの1つが、文字だけではなく、視覚と聴覚からも多くの情報を届けられるということです。視覚と聴覚の両方に情報を届けることで、記憶に残りやすい動画となって、短い時間でもさまざまなことを伝えられます。また1つの動画を見てもらうだけで多くの情報を把握してもらえることで、多くの人に採用情報を知ってもらえるチャンスが広がります。写真や文字だけだと伝わらない会社のイメージも、映像にすることで伝わりやすくなります。自社の雰囲気を映像を通して遠方の方にも伝えられるので、さまざまなエリアから人材が集まってくる可能性もあります。また動画で雰囲気を知ったうえで応募する場合、入社後のイメージのギャップやミスマッチを減らせるというメリットにもつながります。

最初にターゲットを決めること

女性

採用動画を上手に活用するためには、どのような作品を作っていくかが重要なポイントの1つです。例えば良い作品を作るために大切なポイントとなるのが、ターゲットを決めるという点です。同じ採用動画でも、20代前半の新卒採用を目指す若者向けのものと、30~40代の中途採用を目指す方をターゲットにした場合だと、動画に合った内容は変わってきます。制作する方向性を決めるためにも、どのような方をターゲットにしたいのかという点を整理したうえで、作品を作るようにしましょう。

目的に沿った制作が大切

撮影

採用動画作りで忘れてはいけないポイントの1つが、どのような場面で使うのかという点です。説明会の場で流すだけの映像ということもあれば、自社のホームページなどで何回でも見られる映像にしたいという場合もあるでしょう。活用される場面が異なれば、動画に求められる内容も変わってきます。まずは採用動画を活用するシチュエーションを整理して、目的別にどのような作品が適しているのか考えていきましょう。また動画投稿サイトやSNSなど、映像が見られるチャネルも意識した制作が大切です。

広告募集中