HOME>ホットトピックス>目的に合った作品を作れる能力が求められる

相手の目的を知ろう

ビジネスで採用される動画を作成したいと考えている場合、どのような点に注目したらいいのでしょうか。その際のポイントの1つとしてあげられるのが、依頼している側がどのような目的を持っているのかという点です。動画といっても、使われる目的や見る相手によって求められる内容は異なります。だからこそ使われる目的などをしっかりと理解して作ることで、採用されやすい作品を作ることにつながります。まずは依頼内容を確認して、何が求められているのか理解するところから始めましょう。出来が良くても目的に合わないものが、採用される可能性は低いです。

サンプルを作ることが大切

ビジネスで採用される動画を作りたいと考えていても、まず依頼をしてもらえなければ採用までつながることはありません。コンペ形式の応募であれば、作品を見てもらったうえで採用するかどうか判断してもらえます。ですがプロジェクト形式の場合だと、作品を作る段階までたどり着けません。そこでサンプルを作成して、どのような動画が作れるのか自分をアピールできる準備を整えることが大切です。サンプルがあれば、どのような雰囲気の動画が作れるのか実力を見てもらい、依頼主が作りたい作品のイメージに合っていれば、依頼をしてもらって作品が採用されるチャンスを作れます。

広告募集中